薄毛は治療できる時代へ~セルフケア以外にも方法がある~

育毛法は様々

治療剤とブラシ

自分でできる薄毛対策として、育毛剤は重要なアイテムです。育毛剤は、どんどん種類が豊富になってきており、どれを選んでよいのか迷ってしまうほどです。しかし、育毛剤には薄毛の原因によって効果を発揮できるものと、効果を発揮しにくいものがあるのです。まずは自分の薄毛の原因やタイプを知ることが大切であり、その原因やタイプに合った育毛剤を選ぶことが薄毛改善への近道となります。現在、日本で発売されている育毛剤の効果は、主に3パターンあり、まずは頭皮の血行を促進して育毛するタイプ、次に細胞分裂を活発にしてくれるタイプ、最後に毛穴の詰まりを解消してくれるタイプです。貧血や低血圧の悩みを持つ方は、頭皮の血行不良が原因で薄毛が発生している可能性があります。頭皮の血行が悪いことで、髪の毛に十分な栄養が行き渡らないために抜け落ちてしまうことが原因です。このようなタイプの方は、血行を促進してくれる効果のある育毛剤を試しましょう。細胞分裂を促すタイプの育毛剤は、毛母細胞と呼ばれる毛を成長させてくれる細胞を元気にすることで育毛効果を期待するものです。これは3パターンの中で一番新しい育毛方法であります。頭皮がベタ付きやすい方は、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が詰まり、髪の毛の成長を妨げてしまうことによって薄毛が引き起こされているかの生があります。そのような方は、毛穴の詰まりを解消するタイプで、シャンプーで落としきれない毛穴の汚れを落としてあげることで髪の毛の成長を助けるようにするとよいです。このように、それぞれの育毛剤によって育毛方法が異なります。自分に最適なタイプの育毛剤を調べて、使用することがおすすめです。